海外留学すれば勝手に英語のスキルが上がると思っていたけれど、そう簡単ではないことに気づいた留学生も多いのではないでしょうか。やはり、語学のスキルアップには毎日の努力が必要です。諦めずに毎日がんばりましょう。

単語を覚えてみよう

フィリピンに留学したら、ある日突然「英語が聞き取れるようになる」とか、「言いたいことが英語で言えるようになる」と思うものですが、留学してすぐには実現しないものです。スキルアップには日々の鍛錬が肝心です。
どれぐらいのボキャブラリーサイズを持っているか把握していますか。英語ネイティブは、2万以上の単語を知っていると言われています。2万もの語彙があれば、読書やテレビ鑑賞中、意味の分からない単語に出会う回数はグッと減ります。留学生が最初から2万もの単語を知っていることは極稀です。留学生活中に、1万5千語は覚えたいところです。これだけの単語の意味がわかれば、もし知らない言葉が出てきたとしても、前後の文脈から意味が推測できるようになるからです。

独り言英語にチャレンジしよう

「思い浮かんだ日本語を英語にできない」というのは、英語学習者が持つ共通の悩みです。留学中、友だちとの会話や授業中の議論で、言いたいことがうまく言葉にできなくて、もどかしい思いをすることが多々あります。
悔しい思いを克服するために、独り言英語にチャレンジしてみてはどうでしょうか。心に思い浮かんだ気持ちを、英語に変換して口に出すのです。「お腹すいた」「授業面倒くさい」といった簡単な文でOKです。こんなフレーズは、友達と一緒にいるときに良く使うものですよね。自分の中に英語のフレーズの引き出しをたくさん作ることがポイントです。言いたい気持ちを表すのに、ぴったりのフレーズをピックアップする練習になります。

ドラマを見て日常会話の勉強

フィリピンでの留学生活が数ヶ月経った頃になると、留学生同士とのおしゃべりなら、相手の発言内容は聞き取れるし、自分も思いを伝えられるようになります。でも、ネイティブ同士が話しているところに、わざわざ割り込んで自分の意見を言うとなると、大きな壁を感じてしまう人もいます。早口で聞き取れないし、速いテンポで自分の意見を言えるかどうか自信が無いからです。
ネイティブ同士の会話を勉強するのに最適な教材は、海外ドラマ。ドラマは日常会話の宝庫です。コメディや恋愛モノが適しています。医療系や犯罪捜査系だと、セリフに専門用語が使われていて難易度がアップするため、序盤は避けたほうが良いです。ドラマの登場人物が話したセリフを暗記して、日常生活に役立てるのも良いでしょう。自分の会話表現の幅が広がりますよ。